24時間で幸せになれる心のスイッチの入れかたを教えます

乾坤一擲(けんこんいってき)

 

 

乾坤一擲の意味は。

 

 

 

 

 

運を天に任せ、一世一代の大勝負に出ることのたとえです。

 

 

 

大勝負に出るときには人生の大一番になる可能性が

 

高いです。

 

 

 

自分のターニングポイントのところまでやっと来て

 

さあ、命運をかけて一世一代の大勝負に出えるときに

 

使います。

 

 

 

人生の転機はそんなに多く訪れるもの

 

ではありません。

 

 

 

人生80年としたら3回~4回

 

または1回かもしれないのです。

 

 

 

でも波を掴んで波に乗り大波が来たところで

 

さらに高みを目指して

 

 

 

挑戦する姿勢は自分が輝くときでも

 

あります。

 

 

 

機を逃すともうあと何年も機が来なかった

 

なんてことは

 

 

 

ざらにある話です。

 

 

 

 

 

よく言うじゃありませんか。

 

 

 

幸運の女神には後ろ髪は

 

ないって。

 

 

 

 

 

捕まえようと過ぎ去ったときに髪を

 

掴もうとしても

 

 

 

時、すでに遅しです。

 

 

 

 

 

あーー

 

 

 

しっぱいしたーーー

 

 

 

 

 

なんてことのないように

 

 

 

普段から掴む準備はいつでもしておくことが

 

大切です。

 

 

 

そうすればいざと言うときに

 

幸運の女神を見た瞬間

 

 

 

あなたの手に

 

髪の毛が入っていたこととなり

 

 

 

 

 

機を逃さなかったあなたは

 

人生の大波に乗ることができます。

 

 

 

大波に乗った後は簡単です。

 

 

 

波のうねりに身を任せるだけで目的の

 

パラダイスにいつの間にか着いてしまいます。

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

準備をしていつでも

 

捕まえれるように

 

 

 

待っているだけでいいのです。

 

 

 

あとは勇気です。

 

 

 

乗っていける勇気

 

 

 

これが無ければ不安になって途中で

 

波の進路から外れてしまう事だってあります。

 

 

 

自然ですから油断禁物です。

 

 

 

でも勇気を持って波に乗っていれば

 

こころはぶれません。

 

 

 

あとは波任せでいいのです。

 

 

 

乾坤一擲

 

 

 

運を天に任せ、一世一代の大勝負に出ること

 

 

 

はあなたにとってなくてはならない

 

必要な言葉です。

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 


開運カウンセリングランキング

 

プロフィール
一応30年間マッサージ師をやっています。年のわりに若いとよく言われます笑
お問い合わせはこちらまで
info@te-goo.net

 

5月6日:今日の開運ランキングNO1

 

自分以外は他人と心得る

 

 

 

これはよく近親者にありがちなのですが

 

自分がわかっているから

 

 

 

相手もわかっているだろう

 

という発想は誤解の元となります。

 

 

 

自分以外はみな他人と思っていたほうが

 

よく

 

 

 

枕詞を付けなかったら誤解されます。

 

誰が聞いても

 

 

 

わかる言葉と言うものは難しいですが

 

意思を伝えるときには

 

 

 

自分以外は他人なので

 

他人にわかる言葉を

 

 

 

選んで使うと開運にも

 

繋がってきます。

関連ページ

麻の中の蓬(よもぎ)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
天は自ら助(たす)くる者を助く
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
殷鑑(いんかん)遠(とお)からず
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
ウソから出た実(まこと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
恋は思案の外(ほか)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
鞍上(あんじょう)人なく鞍下(あんか)馬なし
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
エビで鯛を釣る
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大疑(たいぎ)は大悟(たいご)の基(もと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一葉(いちよう)落ちて天下(てんか)の秋(あき)を知る
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
多勢(たぜい)に無勢(ぶぜい)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一刻千金
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
聞いて極楽見て地獄
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
かわいい子には旅をさせろ
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
他山の石
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大事の前の小事
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
涓滴(けんてき)岩(いわ)を穿(うが)つ
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
藪(やぶ)を突突いて蛇(へび)を出(だ)す
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
人間万事塞翁が馬(ニンゲンバンジサイオウガウマ)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
恋は思案の外(ほか)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大疑(たいぎ)は大悟(たいご)の基(もと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
提灯(ちょうちん)に釣鐘(つりがね)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一斑(いっぱん)を以って全豹(ぜんぴょう)を卜(ぼく)す
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
網呑舟(あみどんしゅう)の魚(うお)を漏らす
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
目から鱗が落ちる
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。