24時間で幸せになれる心のスイッチON

お彼岸に思う先祖のことや六波羅蜜


 

今年の春のお彼岸は

 

3月18日から3月24日までとなっています。

 

 

 

このときにはお墓参りに行ったり

 

先祖のことを静かに思い出したり

 

 

 

また、自分自身がよりよく生きるための実践の期間

 

 

 

であったりします。

 

 

 

そして実はこのお彼岸と言う言葉は

 

日本独自のものなのです。

 

 

 

仏教行事として平安時代の頃より

 

実践していたとも言われています。

 

 

 

そしてこの期間は

 

悟りを開くために実践するものとして、六波羅蜜

 

を励むとされています。

 

 

 

六波羅蜜

 

大乗仏教で説く悟りの彼岸(ひがん)に至るための六つの修行徳目。

 

六度とも。

 

 

 

布施(ふせ)(完全な恵み,施し),

 

持戒(戒律を守り,自己反省する),

 

忍辱(にんにく)(完全な忍耐),

 

精進(しょうじん)(努力の実践),

 

禅定(ぜんじょう)(心作用の完全な統一),

 

智慧(ちえ)(真実の智慧を開現し,命そのものを把握する)の六つ。

 

智慧は他の五徳目の根拠となる

 

(出典元:百科事典マイペディア)

 

 

 

お彼岸の1週間はこの六波羅蜜に励んで

 

仏壇があればご先祖様の好きなお菓子やお花

 

などを備えて

 

 

 

ご先祖様に感謝をする期間と言われています。

 

 

 

 

 

”暑さ寒さも彼岸まで”

 

 

 

と言いますが

 

寒さや暑さがあっても彼岸の頃までで

 

それ以降は気候が和らいでくるからね

 

という意味です。

 

 

 

また彼岸に対する言葉とは反対に、此岸(しがん)と言う言葉があります。

 

 

 

これは、わたしたちの住む世界のことを此岸と言い

 

悟りに達した世界のことを彼岸と言うそうです。

 

 

 

そして彼岸は西にあり、此岸は東にあるとされています。

 

此岸である真東から太陽が昇り

 

彼岸である真西に太陽が沈んでいく。

 

 

 

このときが仏様と心が通じ合うことができるので

 

先祖の供養や墓参りが行われてきたのです。

 

 

 

こうしてお墓参りや供養をすることで

 

ご先祖様のことも想い、

 

 

 

また人間の性である

 

煩悩や苦しみや迷い、また暑さ寒さのような気候に対する

 

苦しみを和らげてくれるときが彼岸とも言われています。

 

 

 

1年に春と秋の2回しかないお彼岸です。

 

 

 

心静かにお墓参りに行ったり

 

仏壇で合掌したりして

 

過ごしてみたいものです。

 

 

 

いやー

 

昔の人は知恵として

 

 

 

暑さ寒さも彼岸までと言っていたと思っていましたが

 

悟りの境地とは、、、、、、、、

 

 

 

勉強いたします。

 

合掌

 

 

 

お読み頂きありがとうございます。

 

 

 


開運カウンセリングランキング

 

プロフィール
一応30年間マッサージ師をやっています。年のわりに若いとよく言われます笑
お問い合わせはこちらまで
info@te-goo.net

 

 

 

3月21日:今日の開運ランキングNO1

 

瞑想

 

 

 

これは目を開けての瞑想になります。

 

 

 

ろうそくをつけて、火が消えるまで

 

見つめてください。

 

 

 

瞑想は苦手だなあ

 

 

 

と言う人にはこっちの瞑想がいいと思います。

 

 

 

効果は開運のときがなんとなく自分自身で

 

分る気がしてきます。

関連ページ

榛名神社の怪
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
護国寺参拝で会いたかった仏様
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
熊野那智大社の恩恵
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
熊野古道の怪
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
熊野大社別宮 飛瀧神社
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
布袋さまの生き方
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。