24時間で幸せになれる心のスイッチON

あり神様と神樹


 

今回もわたしがつくったショートショートです。

 

今日はショートショートDAYになりました。

 

 

 

 

 

 

 

あり神様と神樹

 

神樹の土の中には、大きな心をもった小さな神様が住んでいました、名前をあり神様といいます(神樹(しんじゅ)とは神社の中で育った苗木のことです)

 

 

女性の神様です。

 

 

あり神様は、ありのように小さく、心優しいかわいらしい神様です。

 

 

 

神様をこころから信じているひとのポケットに忍びこんでその人の願いを叶えるお手伝いをします。そしてその人の行動も見ています。

 

 

でも、その人がこころから神様が信じられなくなった時や間違った行動をしたときには、大神様に魂を抜かれ天国に行かないといけない約束がありました。

 

 

 

そうあり神様は大神様の使いとして無数に神樹の土の中にいるのでした。

 

 

 

 

 

あるところに神様を大好きな男の子がいました。

 

 

 

彼は両親と行った神社で小さな神樹を買いました。

 

雨の日も、風の日も、晴れの日も一生懸命神樹の世話をしています。

 

 

彼のひたむきな行動をみてあり神様は彼の夢を叶えてあげたいと思いました。
あり神様は、早速男の子のポケットに入りこみ願いを叶えるお手伝いをします。

 

 

男の子は引っこみ思案な性格で友達がいなかったのです。
あり神様は男の子に友達ができるように手助けをしました。

 

なんと男の子がポケットから

 

 

 

“遊び道具よ出て来い”

 

 

 

とお願いをすると次々と願ったものが出てくるようにしたのです。

 

 

 

そのおかげでたちまちクラスの人気者になりました。あるときいたずら好きの友達が神社に行こうと男の子を誘いました。

 

神社に着くなり友達は、人々が手や口を清める手水舎のなかに持っていたどろどろした液状のゼリーを入れて遊んでいます。

 

 

 

 

“いけないのに・・・・・・・・・・”男の子は一瞬そう思います。

 

 

 

 

でも、友達の行動を止めることをしませんでした。

 

 

 

男の子は友達がいなくなると思い注意ができなかったのです。

 

一緒になってどろどろしたゼリーを入れてしまいました。

 

 

 

 

そしてまた男の子は友達のマネをして神社の柱にこっそり落書きをしはじめます。

 

書いては行けない場所に書いてしまったのです。

 

 

また階段の上に石を積み上げています。

 

すると神社にお参りに来た人がつまずいて転びそうになりました。

 

それを男の子と友達はこっそりのぞいて楽しんでいました。

 

 

あり神様は男の子の行動をポケットの中から見て落胆した声で言いました。

 

 

「大神様は私たちをいつも見ています、お手伝いをする人が間違ったことをするともう私は生きてはいけません、役目が終わったこととなり私は命の火を消されてしまいます、でもあなたのことを見守ってきたのだから後悔はしていません。

 

 

 

希望通りお友達もできてさびしい思いをすることはありません。

 

でも願いは叶えられても本当にいいことと、やってはいけないことも知ることは大切です。

 

 

 

再び、神様のことをこころから信じられる様になった時には別のあり神がきます」

 

 

 

 

こうしてあり神様は男の子の元から去っていきました。
あり神様は苦しみながら大神様の指示を待つこととなりました。

 

 

 

そのとき、男の子はなぜか悲しみの感情が湧いてきました。
遊んでいてちっとも楽しくないのです。

 

 

 

むしろなぜだか悲しい気持ちになってしまいました。

 

さびしくて、、、

 

悲しくて、、、

 

 

 

不思議でした。

 

 

 

そう、友達と遊んでいるはずなのになぜか一人ぼっちの寂しい気持ちになりました。

 

 

 

すると空から大粒の雨が落ちてきたのです。。
雨はあり神様の涙でした。

 

 

 

みんなびしょ濡れになりました。

 

雨に濡れて男の子は家の外に出してある神樹を思い出しました。

 

 

 

 

”あっ、濡れるからしまってあげなきゃ”

 

 

 

「おーい、ばいばい」

 

 

友達に別れを告げて家に帰ってきました。

 

 

早速、庭に出て神樹の鉢植えを手に持ったのですが。
するとどうでしょう!

 

 

 

 

神樹の葉っぱがすべて枯れてしまったのです。

 

 

 

そして、内側から喪服をきたあり神様が行列を作ってたくさん出てきました。
男の子はびっくりして彼らに聞きました。

 

 

 

 

「何をしているんですか?」

 

 

 

あり神様の一人が顔をあげて答えます。

 

 

 

 

「今日はあなたの願いを叶えるお手伝いをしたあり神様の命が消えた日です。こうしてみんな喪に服しているんです」

 

 

 

男の子はびっくりして聞き返します。

 

 

「どうしてあり神様がなくなったのですか?
ぼくが・・・何か悪いことをしたんですか?」

 

そう言うとあり神様の一人は悲しそうに言いました。

 

 

 

 

「今日、何をしてきたか思い出してください」

 

 

 

 

男の子はしばらく考えていました。

 

すると、

 

 

 

 

「あっ、ぼく神様のいる神社で悪いことをたくさんしてきました、
友達ができたのもあり神様のおかげだったのですね、ごめんなさい!」

 

 

 

 

 

そういうと男の子は目にいっぱい涙をためて下を向きました。
男の子の目からあふれた涙があり神様の上に落ちたのです。

 

 

するとどうでしょう。

 

 

 

動かないはずのあり神様はむくむくっと動き出したのです。

 

あり神様は男の子に言いました。

 

 

 

 

「願いは叶えられたらひとは喜びます、

 

でもなぜ叶えられたのかを振り返って考えてみてください、

 

 

 

そこには自分だけの力ではない何かの力が動いて願いが叶えられたのです、

 

問題はそこからです、

 

 

 

自分のこころがしめつけられるような悪いことは願いがたとえ叶ったからといってやってはいけません、

 

 

 

後悔のこころが生まれます、

 

あなたの大好きな神様が悲しみますよ、

 

 

 

でもあなたは途中で気がつきました、

 

後悔の涙をこころから流したからです、このチャンスを生かして下さい」

 

 

男の子はそれからほんとうの友達を探して神様の

 

ことももっともっと好きになってまた神樹を育てていきました。

 

 

 

 

おわり

 

 

ⓒ2019 tegoo hosshi

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

 


開運カウンセリングランキング

 

プロフィール
一応30年間マッサージ師をやっています。年のわりに若いとよく言われます笑
お問い合わせはこちらまで
info@te-goo.net

 

 

 

 

 

3月22日:今日の夜の開運ランキングNO1

 

姿勢に気をつける

 

 

 

これは健康法の中で自分で出来る

 

マストの方法です。

 

 

 

猫背にもならないので

 

内臓の圧迫なども防げます。

 

 

 

内臓の不調の連関であらゆる

 

体の不調がでてくるので

 

姿勢に気をつけるだけで

 

 

 

プチ健康になります。

 

 

 

立位の姿勢では

 

耳介から肩峰から骨盤の真横

 

から外踝(外踝)

 

 

 

までがまっすぐになると

 

身体への影響は少なくなります。

関連ページ

自転車に乗って
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
餅とカマキリ
開運とは古き知恵を知り新しき人生を生きる術です。りらくの家テグーのほっしーが治療・経済・恋愛等で幸せを掴む方法を書いています。