24時間で幸せになれる心のスイッチの入れかたを教えます

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿


 

これは、庭木の剪定法を表した言葉です。

 

 

 

桜は切らずに残しておいて、梅は切ってもいい

 

 

 

ということだそうです。

 

 

 

これ、実は開運と深い関係にあるのです。

 

 

 

これから二つの道が分かれていて、右と左

 

ですが、どっちにいこうと

 

 

 

いいんですが、結果は

 

右がロープにつかまって向こう岸までいける

 

 

 

そして左が舟で向こう岸までいけるとします。

 

 

 

ロープのほうは麻か何かでできているので

 

途中で体重の重みで切れてしまうと

 

渡れないわけです。

 

 

 

また舟のほうは杭にロープを結び付けているので

 

外すかできなければ切らないと

 

渡れないわけです。

 

 

 

右に行くほう、ロープを選んだひとは

 

待たないで行動して、開運するタイプだったので

 

ロープが切れて川に落ちてしまいます。

 

 

 

しかし、左に行くほう、舟を選んだ人は

 

じっと待つタイプだったので、

 

舟は誰かが動かしてくれると思い

 

とうとう渡らずじまいだったのです。

 

 

 

このように、もしも反対の選択をしていたら

 

どうなっていたのでしょう。

 

 

 

そうですね。

 

 

 

右側はじっと待ってロープを手繰り寄せ

 

自分の体重と合うかどうかを調べて

 

慎重に渡ることができますね。

 

 

 

また左側は待たないで船のロープを

 

外して自分で櫓をこいで

 

向こう岸まで行けますね。

 

 

 

では一体開運で必要なこととは

 

何でしょう。

 

 

 

これは適材適所の法則が当てはまります。

 

 

 

もしもロープのほうに行った人が待たない人の場合は

 

いったん元来た道を引き返して

 

 

 

左に行けばいいのです。

 

 

 

そして舟のほうに行った人は待つタイプですが

 

いったん元来た道を引き返して

 

 

 

右に行けばいいのです。

 

 

 

判断を間違えていたと思えば恥ずかしいことはありません。

 

 

 

元来た道を引き返して、違う道を行けばいいのです。

 

 

 

開運とはその時の状況に合わせて、臨機応変に

 

行動していける人のほうが

 

 

 

開運していけます。

 

 

 

また事前に情報を掴んでおくということも

 

とても大切なことなので

 

 

 

何がしたいのか

 

 

 

何を1番やり遂げたいのか

 

 

 

を自分の中で明確にしておくと

 

間違えて開運ができないリスクを

 

避けることができます。

 

 

 

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

 

 

 

いささか、こじつけましたがご愛嬌と

 

いうことで、、、、、、

 

 

 

ゆるしてちょんまげ(笑)

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

 

 


開運カウンセリングランキング

 

プロフィール
一応30年間マッサージ師をやっています。年のわりに若いとよく言われます笑
お問い合わせはこちらまで
info@te-goo.net

 

3月31日:今日の開運ランキングNO1

 

桜餅と梅おにぎり

 

 

 

桜餅を食べるとなぜだかしりませんが

 

幸せな気持ちになります。

 

 

 

その気持ちになることが、開運に繋がります。

 

 

 

梅おにぎりはしょっぱいですが、クエン酸サイクルで

 

カラダの健康に一役かいます。

 

 

 

開運には嫌いでもしょっぱいものは

 

健康にいいので開運に繋がります。

関連ページ

麻の中の蓬(よもぎ)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
天は自ら助(たす)くる者を助く
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
殷鑑(いんかん)遠(とお)からず
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
ウソから出た実(まこと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
恋は思案の外(ほか)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
鞍上(あんじょう)人なく鞍下(あんか)馬なし
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
エビで鯛を釣る
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大疑(たいぎ)は大悟(たいご)の基(もと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一葉(いちよう)落ちて天下(てんか)の秋(あき)を知る
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
多勢(たぜい)に無勢(ぶぜい)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一刻千金
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
聞いて極楽見て地獄
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
臥薪嘗胆(がしんしょうたん)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
かわいい子には旅をさせろ
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
他山の石
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大事の前の小事
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
涓滴(けんてき)岩(いわ)を穿(うが)つ
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
藪(やぶ)を突突いて蛇(へび)を出(だ)す
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
人間万事塞翁が馬(ニンゲンバンジサイオウガウマ)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
恋は思案の外(ほか)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
乾坤一擲(けんこんいってき)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
大疑(たいぎ)は大悟(たいご)の基(もと)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
提灯(ちょうちん)に釣鐘(つりがね)
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
一斑(いっぱん)を以って全豹(ぜんぴょう)を卜(ぼく)す
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
網呑舟(あみどんしゅう)の魚(うお)を漏らす
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。
目から鱗が落ちる
りらくの家 テグー院長ほっしーの日々感じたことをつれづれに書いています。良かったら読んでみて下さい。